2011年01月21日

ギター小僧のユウウツ

寒いこの季節、ギター小僧くんたち「朗報」です。

特に、路上をステージに頑張っているキミ!
指先が冷えて、せっかくの演奏が思うように運指が出来ないお悩みはこれで解消、
良いアイテムを見つけましたぜ。
それは、
桐灰科学株式会社さんの「ゆびポカ」です。

さて、どんなかと言いますと、
ま・る・で、手袋のようで手袋でない、デンデン♪
ミトンのようでミトンでない、デンデン♪
って、早く教えろって、分ったがな、
どうぞー!

k_01.jpg

この黒いカバーに秘密あり。
使い捨てカイロを仕込めるようになってます、するとお手てがポッカポカ〜!
そして、指先はなんて自由でフレキシブルなんでしょう〜。

k_03.jpg

これは使えると早速購入、弾いてみましたよ。
カバーですから多少の抵抗はあります、でも温い、指も快適、なんら支障なし!

冬の間だけ、軽く負荷を与える養成ギプスだと思って使うのもテ。
そう、キミはギター界の星飛雄馬さ!
春になればさらに運指は軽やかになること受け合い、かも。

ほらほら、実際に使うとこんな感じかと…。

k_02.jpg

色展開は黒だけなので、マイ・ステッカー貼って名前を覚えてもらうのもイイわいね。

とかなんとか言いながら、色鉛筆もつこの手にも重宝してます。
ウクレレだって弾いてるぞ。
じつは購入からそろそろひと月、
愛用しているうちに、初めて見た気がしなくなってきた。
なんだか亀を乗っけてるみたいだし、、、。
なによりも、なんだかやけに懐かしい、、、いったい何故?

と思ったら時は江戸にさかのぼり、
当時の旅アイテム「手甲」を彷彿とさせるに思い至るなり。
つまりは、
時代劇だと合点がいった次第でござ〜る。

k_04.jpg

当時は手の保護のためしていたそうですよ。
徒歩移動が当たり前のこの時代、野性味溢れた道なき道を歩くことも多かったことでしょう。
笹の葉、小枝、はたまた強い日射しからも身を守ったのでしょうね。

「ゆびポカ」だって冷えた手の保護。
時が変わっても発想はイコールで繋がってる気がして嬉しくなりました。
思いがけずお江戸まで気分を持っていってくれたこの「ゆびポカ」に私もしばらくお世話になりそう。

そして、指先ポカポカ、ギター小僧くんのユウウツも晴れるといいやネ。

ハートがウォームになる一曲待ってるぜ。
posted by 小阪裕子 at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム

2011年01月07日

新年 明けたらウサギ三昧!

謹賀新年!
明けましておめでとうございます。

2011年の干支はウサギ、卯の年です。

今年はじゃじゃ〜ん!こんな感じの年賀状を作りました。

脱兎のごとく、、、いやいや、ぴょんぴょんとリズミカルに軽やかに過ごしていきたい一年にしたいと思ってます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

k02.jpg

さてさて、うさぎと申しますとみなさんどれくらい種類をご存知ですか?

なになに?ミッフィーにピーターラビット、おはよう朝日のおき太くんに
キヨシローさんのお目目がハートのウサギ、、、なるほどなるほど、
どれも素晴らしいじゃあ〜りませんか!私もみんなみんな大好きです。
じゃなくて、俗にいうブランドですな、柴犬、チワワ、みたいなもんです。

ウサギといっても耳が垂れてたり、長毛、短毛いろいろいるのですよ。

調べている?うちに新しい学説も生まれたりして、まぁちょっと読んでやって下さい。

ペットで一番人気の「ネザーランドワーフ」くんは大人になっても体重が900g程度にしかならないミニサイズ。
このネザーランドワーフくんがやさぐれて食に走ったのが「ジャージーウーリー」なんですって。
でもどんなにがんばっても、せいぜい3〜400gしか増えないそうで、これって進化なのか退化なのか(苦笑)。

k03.jpg

ロン毛の代表といえば「ライオンヘッド」さん。あまりの毛の長さに一見どこが顔やらお尻やら分らない。
どうやらご本人も不自由だったようで、一念発起、バリカンで刈ってみたらあら不思議、短毛種の「ミニレッキス」に進化したそうです。
動作も機敏になったで!とはご本人の談。

k04.jpg

そしてそして、生まれながらに垂れ耳種のこの二人、立たない耳のせいかやや性格が内向きでして、
夜な夜なバーでどうやったら耳がシュンとなるか、かく語りきの作戦会議だそう。
そのまんまで充分魅力的なのにね。ちょっぴりせつない話だとは思いませんか。

k05.jpg

あぁ、ウサギの世界も奥が深い!
友人知人のお家で、はたまたペットショップでウサギを見つけたらこの学説を思い出して下さるとかなり嬉しいです。
ただし、口に出すと、、、いや、出さない方が賢明ですね、ワッハッハー。
そんなこんなの「はなうた的うさぎ進化論」

おしまいは、やはりこの方に締めていただきましょう。

k06.jpg

年明け、ちょっぴり贅沢にウサギ三昧でございました〜!

*ウサギの正しい飼い方、文献は『読売ライフ 1月号』「I ラブ ペット」を参考にさせていただきました!
 登場6匹のキュートな写真も掲載中です!
posted by 小阪裕子 at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム

2010年12月24日

メリークリスマス

今宵はクリスマス・イブ。

クリスマスの夜空を飾る「月」をテーマに3編の小さな小さな物語を書きました。
(申し遅れました、読みにくい方は画像をクリックすると別画面で少し大きくなりますよ。)

さてさて今宵、
あなたのお家からお月さまは見えてますか?

夜空の下、やわらかな灯りがともった窓ひとつひとつに物語があるのです。

k05a_01.jpg

あ、だいじなお月さまを描き忘れてますね。。
まぁ、そこはご愛嬌ってことで、スミマセン!

色を塗りながら、クリスマスの物語として有名な「賢者の贈り物」が浮かんでました。
だから、懐中時計と櫛なのです。。。

さてさて、なんだか次は素敵な音色が聴こえてきましたよ。

k05b_01.jpg

街でギター小僧が一生懸命に演奏しているのに遭遇すると、ついつい立ち止まって聴いてしまいます。
とりわけ寒い日は、せつなくなることもあるはず。
そんな彼らにエールを込めて描きました。もちろん、ウクレレ小僧にも。

さぁ、今度はあっちを見てみましょうか。
ミーミーなにかが鳴いてますね。

k05c_01.jpg

きっとこんな光景はどんな夜でも昼でもあるのではないでしょうか。
巡り会えた幸運を思わずにはいられません。
フランス語でクリスマスはノエル。
お洒落な命名のわりには、和ネコになってしまったのもご愛嬌ってことで、、、(苦笑)。
「よかったね、ノエル。」

そんなこんなの3編、いかがでしたか。
穏やかな気持になっていただけたら嬉しいです。

さぁ、メリークリスマス。
今宵、そして明日へと続くクリスマス・デイズ。
見て下さったみなさんにとっても、思い出深い2日間となりますように。。。

posted by 小阪裕子 at 10:55| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム