2011年11月26日

ウクレレ・ループ

昨日はたくさんウクレレを弾きました。

こんなにまとめて集中して練習したのは久しぶり。

最初はね、お仕事の合間にちょっとだけ、ちょっとだけ弾こう、、のつもりが、
楽しいことは時間が経つのが早い。。。

あ、アカン、もうこんな時間や!とケースにしまい。
机上の右のモノを左にやったら、もうソワソワ落ち着かない。
またすぐにケースを開けてみたりして、
魅惑のウクレレ・ループ。

外の風は冷たいけれど、
南向きの窓からは冬の陽射しがポカポカと室内を暖めて、
もう最高の環境。

ついに腰を据えての練習会になっちまいました(苦笑)。

k01.jpg

たまには、こんな日があっていいですよね。。。
今日はそのシワ寄せ、がんばろ〜っと!
posted by 小阪裕子 at 08:05| Comment(2) | 日記

2011年11月24日

ジ ☆ ウクレレ・コンテスト!

いやいやいや〜、昨日は『ジ・ウクレレ・コンテスト』の本戦でした。

私も出ました、関西予選(笑)。
ザ・怖いもの知らずです(笑)。

そんなもんですから、まぁ、結果も気になるわけで、
夕方頃からソワソワ・ソワソワ過ごしていたら、
いつもこのブログにコメントを下さるなえっち☆さんから、
お知らせメールが!
つーか、私が先に気になるねーとメールしたんだけど、、、そんな裏側(笑)。


というわけで、ココからがドドンと本編なのだ!

大賞、決まりましたね!やったね!凄いのだ!
山本家さん!!!ヒューヒュー!パチパチパチ!

関西予選の時からぶっちぎりのテクニックとスウィンギー!
とっても可愛いティーンの女の子。

本戦までに、彼女のステージを何度か拝見、こないだの壮行会もガンバレ・エールを贈りに行きましたよ☆
その度に背丈も伸びてて、成長期を感じましたが、
これからの演奏も成長期、間違いないだろうなぁ。

01.jpg

あぁ、彼女のような娘が欲しい(笑)。

ほんとうにおめでとうございます!!!

そして関西からはもうひと方、審査員特別賞を受賞された、
福原直樹さん!!! 凄いです!パチパチパチ〜!!

大阪では、ご活躍を本当によく耳にしますし、
ステージも何度か拝見。

ウクレレを弾くお姿は色っぽくてドキドキ必至、
なにより、
聴くものを引き込んでしまうナニカを感じてしまう演奏はとても素敵なのです。

02.jpg

ほんとうにおめでとうございます!!!

嬉しいものですね、
自分が知ってるプレイヤーの方の受賞はとってもテンションが上がりました。

関西予選を経験して、見たり、聴いたり、感じたり。
いかに予選も本戦もハードルが高いかということが、なんだかよっく分かりました(苦笑)。

2年後かぁ〜。
ふぅぅ〜、ハードル越え出来るかしらん。

年月重ねて、すんごいおばあちゃんになってから、ビックリ・テクニックを狙おうか。。。
って仕込み、長っ!(笑)。

03.jpg

なにより、お二人のこれからがとても楽しみです。
心からおめでとうございます!!!

※「かんばあちゃん」…よみうりテレビは「ほんわかテレビ」で間寛平さん扮するパワフルおばあちゃんです。
posted by 小阪裕子 at 10:51| Comment(2) | 日記

2011年11月23日

へっくしょん!が止まらない

昨日、喉の痛みで病院へ行ってきました。

神戸が鳥インフルエンザで大騒ぎの頃、買い置きしてあったマスクをして、
エンヤコラサと。

お口をアーン。。

「ありゃー、こりゃ痛いわ」
01_01.jpg

「熱は?」

「さっき6度7分くらいでひた」

「週末どっか行ってた?」

「あい、、ライブに、、、(連日)」

「あなた歌ったの!?」

「あ、いや、え、なんで?(知ってるのだ?焦)」

「えと、歌ったような〜、口パクなような〜、いやはや、、はい」

「ソレヨソレ、いっぱいしゃべったでしょーー」

「あい、、、汗」

「風邪じゃないわよ、今日は喋らないこと、炎症止め出しとくわー、うがいもするコト!」

「・・・」(プルプル頷く)

そういえば、前日の深夜のライブ帰りのこと、
ウクレレ背負って家路を急いでいたら、
ワンちゃんの散歩をしてる人が似てるなぁと思ったんだった、先生(お医者さん)に。
03_01.jpg
つまりお互いビンゴで、
診察途中から「コヤツ、はは〜ん!」ってすぐピンときたワケね、
先生ご名答(笑)!

風邪じゃなくてヨカッタわいな、スタコラサ〜♪と帰宅したものの、
本当にしんどいことはこれからなのだった。。

ご飯を食べて、すぐにお薬飲んで、よっしゃ!やる気満々なのだ!と机に向かうも、
妙に鼻がグズグズ、くしゃみも止まらない、目もショボショボ。
ヘックション、ヘックション、チーン!(←鼻かむ音ネ)
を繰り返し、、、なんか、なんか、ヘン。

頭もなんだかボンヤリするし。。
「風邪じゃないんでしょ?わたひぃ、ひぃ、、ヒィックション!」

最早、ティッシュの箱を首からぶら下げそうな私に、何かにアレルギー反応したんやない?の家族の声。
言われてみれば、花粉症の症状に似てるけど、、、今日は病院しか行ってないよ、はて。

院内は空気をきれいにする、観葉植物しかなかったしなぁ。
そう、あれは、サンセベリア、、、。
読売ライフの8月号で描いたんだもん、知ってるもん、だからキミじゃないなぁ。
02_02.jpg

他、変わったことと言えば、マスクをしただけ、
それが、何か? いやいや、何かだったみたい。
疑わしきは、、、某国産のそなた也、、、。
お・ぬ・し、怪・し・い。

封を開けた時、独特の科学薬品っぽい匂いがプワワンと広がり、
掛けてる時もずっと匂ってた。
でも、こんなもんかな?と思って、してたわけで。
しかも、
待合室で退屈しのぎに腹式呼吸なんぞしてしまった30分。
04_01.jpg
めっちゃ吸ってるやん。
オイラっていったい、、、orz...。

つまり、
目・鼻・口の粘膜すべてにマスクのナニかがお邪魔します、だったわけだ。
そんなん、邪魔するんやったら帰ってな〜とじつにキッパリ言って欲しかったなぁ、粘膜よ。。。

まぁ、ひとっ風呂浴びたら、いくぶんスッキリ、
症状はおさまりつつあるけど、、、。

人それぞれだから、同じマスクでも平気な人もいるにしても、いやぁ、参った参った。
これからはガーゼ・タイプにしよ〜。
まぁ、傾向と対策が分かってヨカッタよ、、、ヨカッタのか!?(笑)とひとりごちつつ。

オイラが熱狂して喉が枯れる程のライブが気になりませんか?
それは、引き続き、レポするぜー!

待ってな、ベイベー♪
posted by 小阪裕子 at 19:18| Comment(0) | 日記

2011年10月05日

ついに、、、ワォワォ!

引きずってまひた、口内炎。

すると、友人から「イソジン塗ってみ、すぐ治るよー!」と朗報が。

見つめること、しばし。。。。
k02.jpg

この痛みに、あの原液、、、容易に想像できた、この姿。
k03.jpg

ううう、やっぱそんな勇気ありまへん。。。ので、イマイチ効果がみられないままの口内炎薬を引き続き塗布。
やっぱり、なんとも不可思議な味。
k04.jpg
只今、意識が口内に集中ナウの図。

おかげで、薬を塗る際の舌のストレッチは鍛えられた。
お布団に例えるとこんな感じ。
ホレ、めくるのだ。ヨイショ。
k01.jpg

そんなこんなで、今朝起きますと、
k05.jpg

ワォ、痛くないゾ!
k06.jpg

美味しくご飯が食べれそう〜♪
いっただきま〜す!くふふのふ!
posted by 小阪裕子 at 16:30| Comment(15) | 日記

2011年09月30日

痛いれす

一週間程前から口内炎が出来ちまいました。

う〜ん、痛い。
001.jpg

歌が唄いにくいなぁと思ってたんだよなぁ〜。
006.jpg

今日は、歩いてても舌に響くぜ。
002.jpg

基本公用語は全て「は行」に自動変換決定れす。
003.jpg

ダメッ子代表、駄犬との対峙も音声のみ獣的やり取りで乗り切ってまふ。

004.jpg
翻訳「畳んだばかりの洗濯物でしょ、それはー!」と言っているの図

005.jpg
翻訳「そこで粗相したらアカンでしょーーー!アータ!」と言っているの図

007.jpg

インターホンに大反応。
叱られた腹いせに見事に踏み込み台にされるの図。

これは面白いから叱らない(笑)。

それにしても
008.jpg

posted by 小阪裕子 at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月17日

決戦は日曜日です♪

この夏、ひとつ挑戦しようと思ったことがありまして、もうすぐその日がやってきます。

それは、7月31日(日)に開催される
『ジ・ウクレレコンテスト 関西予選 at 三木楽器』です。
会場はMIKIミュージックサロン梅田。

2年に一度に開催されるこのイベントも6回目。
12年もの歴史があるんですね。
とはいえ関西予選が始まったのは2年間の前回から。

その時は客席でハラハラドキドキのコンテストを熱く見守っていたのですが、
今回は出ることにしました!

だって、ウクレレめちゃんこ好きやねんもん。
それだけです(笑)。

いやぁ、緊張するだろうなぁ。
音楽のコンテストなんて、生まれて初めての経験だけど、
楽しむ気満々です(笑)。

さてさて、どんな風に弾こう、
あんな風?
k01.jpg
こんな風?
k02.jpg
はたまたこれでドヤ!
k03.jpg
おっとこれは、ムリすぎる発想ラップ・スティール気取りです(汗)!

と構想ばかり浮かんでは消え、これがまた結構楽しかったりするもんですね。

白熱のコンテストのあとは会場劇熱必至のスペシャルゲストライブもとても楽しみで、6組もの演奏が堪能できるのですよ。

審査委員長でもあるキヨシ小林さん、fulare_padさんのおふたり、
TTcafeの中村たかしさん、寺地達弘さん、新納悠記さん、
司会もご担当される鍵盤ハーモニカの北野淳さんという豪華な顔ぶれです。

当日はお昼からスタート、長い一日になりそうですが、
ウクレレまみれですからこれ本望(笑)。

決戦は日曜日。
私よりウクレレ人生が長い、
今年で誕生(製造)11年目となる相棒カマカちゃんとそろりと、ソロって参りますね。
posted by 小阪裕子 at 21:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月28日

少しの間だけでも

今月、たいへん大きな地震がおこりました。
東北関東地方はとここまで文字を打った時点で、心は否応もなく沈み込んでしまいます。

たぶんどこかで認めたくないんだとも思います。
この現実を。

私は関西在住ですが、16年前阪神大震災を経験したということもあり、
一気に記憶が蘇りました。
続きを読む
posted by 小阪裕子 at 12:50| 日記

2011年03月04日

おとぎの国だった!

先日お仕事で梅田へ出たおりに阪急百貨店へ寄ってきました。
とりたてて用事はなかったのですが、
ちょっとお手洗いを拝借しに。

だって、百貨店のお手洗いは綺麗ですもんネ。
ついでにちょっと店内を覗いちゃおう〜、春だもん〜って勝手に理由をつけて(笑)。

k_01.jpg

リニューアルへ向けて猪突猛進中の阪急百貨店本館は食品と婦人物オンリーという「女性を主人公」にした作りになっていて、
紳士服売り場は別館へ移っていたりするからビックリです。

すべてが、ピカピカ、キラキラ、
並ぶお洋服も雑貨もさらに別嬪さんに見えるようスポット・ライトを浴びてそりゃもう別世界。

店内に踏み出したとたんに気分が変わる。
目の色変わり、頭に一気に花が咲く。

気分も思わず水彩モード(笑)。
フワフワ、ヒラヒラ、ルルルのル〜♪

k_02.jpg

急いでたこともあり、ほんの30分ほど店内を散策しただけ、
なのに買う用事のない靴や財布を吟味してる自分がいたりして、いかんいかん!と我に返ること何回も(笑)。

ここ数年、楽器屋さんがワンダーランドだったけど
百貨店ってこんなに「おとぎの国」だったっけ?

k_03.jpg

↑すぐに元に戻った図。

posted by 小阪裕子 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月11日

鍋の向こうに芸の道…

冬将軍やって来ましたね、関西も今朝はうっすらと雪化粧した町となりました。

その冬将軍の足音もそこはかとなく聞こえてきてた先日、親しくなったばかりの同業の友達と「鍋祭り!」を敢行、
そして、ワタクシ再来週にひかえたハワイアン・カフェで演奏する曲とウクレレ引っさげ、
意気揚々「予行演習」も敢行してまいりました。

懇意にしているカフェ・バーで美味しいモツとスープをテイクアウトさせてもらい、いざ行かん友の家へ!

お野菜その他は近所のスーパで調達、ファミリーサイズの鍋へドカドカ入れて待つこと数分、
途中盛り付けすぎて、フタが閉まらない状況に陥るも上部一時退避させたりして、
ホワホワと湯気あがる美味しいお鍋となりました。

k_01.jpg

煮上がった食材に攻撃的に箸を進めるも、
締めの麺になる前にはちきれんばかりの胃袋にギブ。
すっかり満腹トリオになったところで、余興コーナー「ウクレレ・ソロ・オン・ステージ!」やっちゃうヨってなったわけで。。。

満腹トリオでお察しの通り、
観客は2名です。
でもね、あの緊張はいったいナニ?

「アメイジング・グレイス」2分半ほどの演奏が、20分くらいに感じたり、、、
自宅ではスイスイ弾ける箇所も、まさかの手ブレで変なトコ押さえちゃうし〜、
予期せぬこと続出、、、いやぁ、参った参った。

それでも、ヤンヤヤンヤとあたたかい拍手をくれたふたりに感謝。
お詫びに?ふたりのよく知る曲をと、
「夜空ノムコウ」をなんとか、かんとか。。

「も一回弾いたら」と優しい声に励まされ再度「アメイジング・グレイス」を。
いやはや、これだけでドッと疲れちまいました(涙)。

k_02.jpg

あんなに練習したのにネ。
意気揚々が意気消沈の図だな、こりゃぁ(笑)↑

アーティストのみなさん、並の心臓じゃぁござんせんね、、さらに尊敬の念が湧くことしきり!!!
あまりのショック?にまだ、ウクレレを弾くことが出来てませんが、
素敵な曲の出所と発表会レポートはまた後日アップするつもりです。

反省点は改善点ということで、今夜はウクレレ弾いてみるぜよ(苦笑)。


<美味 情報!>
懇意のお店「様・様」さんはこちらです。
お鍋はもちろん一品料理も美味しいですよ。
http://www.ashiya-kfp.com/index.php?data=./data/l4/
posted by 小阪裕子 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月14日

えびすさまの鯛の名は…。

松が明けても、参拝熱が続いた関西。
今週は毎年の恒例行事、
西宮のえべっさんへお参りに行ってきました。

そう、昨年一年の感謝と商売繁盛を願うのです。
もともとは五穀豊穣、そしてえびすさまだけに大漁の願いもあるこの行事は1月の10日と決まっていて、
前日の9日から宵えびす、十日えびす、残りえびすと3日間いにしえから続くお祭りです。

そんなこんなで、去年の福笹を持参で詣でるのが常。
参道には大きな熊手をこれでもかと並べた露店のおいちゃんおばちゃんが参拝客を引き寄せる声もかしましく、
そんな中、ぞろりぞろりと続く列の中で少しずつ近づいてくる拝殿に気持が高揚しつつも厳粛な気持になってきます。

拝殿に着くと、大きな大きなお賽銭箱の前で昨年のお礼と感謝を述べ、願掛けをする。
そうそう、参拝するときはきちんと名前と住所を言ったほうが良いそうですよ。
神さんもどこの誰やら分らなくなるそうです(笑)。
なんだか、人間くさくていいですよね。

そして西宮といえば『招福まぐろ』
デーンとどえらい大きなマグロが奉納されてます。
体長2メートル、重量なんと280s!
背びれなんかは処理されて綺麗に無く、マットに黒い体は神々しく、ものすごい存在感で横たわってます。

参拝客はこのマグロの近くに寄ることも出来、
お賽銭箱も用意されているのですが皆一様にマグロに小銭を直接ペタリペタリと貼りつけます。
寒風にさらされたマグロの表面にくっつくの?とお思いでしょうが、ほんの少しの力でスイッとばかりに吸い付くのです。
私もご多分にもれず貼ってきましたが、小銭をまとったマグロ様は壮観で、スワロフスキーも真っ青!そんじょそこらのデコブームもものともしない風格でございました。

k_02.jpg

その後は、福笹、御守りを新調し、いざ行かん!
何所にって、
「おみくじ」へ(笑)。

今年のお目当ては数年前から気になっていた「鯛みくじ」。
手のひらにすっぽり収まる可愛い鯛がおみくじを全身で受けとめているのです。
福娘さんの前にずらりと並べられた鯛をしっかと見つめ、ピンときたコを選びます。
凝視すること数十秒(後ろで待っている人もいますからね)。
2、30体ほど並べられた鯛集団中程上部にいたこのコに決定と指差すと、
「よいお参りで」とすずやかな福娘さんの声に見送られ、
気もそぞろにすぐさまくるりとひも解きました。

シュルシュルと丸まった紙を伸ばすと、出てきましたよ
「半吉」の文字。
なになに?半分って?
初めて出会った「半吉」に思わず半笑い。

とはいえ、半分も吉があるんやー!と即思うことにし、ありがたく頂戴することにしました。
気は持ちようってことです(苦笑)。

k_01.jpg

またこの鯛がよく出来ていて、ずっとプラスチック製品だろうと思っていたのですが、
きちんとした素焼に丁寧な着色、その触感もあたたかく、なんともぽってり可愛いのです。

もちろん、本人がそう言ったんですもの「半吉どん」と命名し、机の上にちょこんと居りますよ、
この一年お世話になりますね「半吉」どん。
posted by 小阪裕子 at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月31日

はなうた的歌謡大賞

ついに大晦日。
泣いても笑っても今日が2010年、ラスト・ディ。

振り返ると、この一年ずーっと口ずさんでいた一曲の歌があります。

そう、言わずとしれた植村花菜さんの「トイレの神様」。

その出会いは今年のお正月も明けた間もなくの頃、ある日の朝でした。

あの日は、めずらしくFMラジオをつけていて、出かける間際に流れてきたのがこの楽曲でした。
たぶん、オンエア解禁すぐだったように思います。

最初はただ、耳に流れ込んできた音を自然に受けとめるだけの聴き方だったのに、
気がついたら溢れる涙を止めるのに必死になっていた。

なんなんや、このストーリー・テラーは!
しかも関西弁や〜。

ほんで、長い、アカン、約束の時間に遅刻するーと思いながらもどうしてもラジオの前から離れることが出来なかった。

結局、滂沱の涙を流しながら化粧のすっかりはげおちた顔で待ち合わせ場所にむかったのですが、
いつまでもいつまでも余韻が残っていた感触を今でもしっかり覚えています。

そして、この胸を打つ楽曲を作った女の子は、
以前から何度か新聞などでライブ情報の記事を読んだり、目にしたり、耳にしていた、あのギターの女の子だ!と分ったときは
なんだかとても嬉しい気持になりました。

それ以降、よく通るガソリンスタンドの前で信号待ちをしていると、
店舗のラジオからから流れてくる大音響の「トイレの神様」にちょうど遭遇することが何度かあり、その度にしばし涙。

k06-01.jpg

いまでは「トイレの神様」流れないかな?とパブロフの犬ごとき、待ち構えるまでに(苦笑)。

その後、お仕事させていただいた
『アコースティック・ギター・マガジン vol.46 』さんで
植村花菜さんの特集記事が組まれているのですが、インタビューを読むと、
まっすぐで懸命なお人柄がスゴく伝わってきて、
こんな女の子になりたかった!な〜と。

年間を通して、こんなに口ずさんでいた曲なんていままでなかったかもしれません。
だから、はなうた的歌謡大賞!

今夜の紅白歌合戦も楽しみです。

先日、彼女の「すばらしい日々」という楽曲をテレビで拝見したのですが、
これもとても素敵でした。
泣いても転んでも辛くても、それはきっとすばらしい日々に繋がっているよというメッセージがこれまた優しくじんわり胸に響くのです。

もうすぐ迎える新年が「すばらしい日々」に繋がっていくといいな。
そして、
このブログを読んで下さったみなさんにとっても「すばらしい日々」になりますように。
posted by 小阪裕子 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月10日

はじめまして。

普段の何気ないことを即興の鼻唄よろしく描き綴っていこうと思います。

夏だけの楽器じゃないの、ウクレレは、、、ってことで日々こんな感じでございます。

ってことで「はなうた帖」スタートです。

k_01.jpg
posted by 小阪裕子 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記