2014年01月29日

初めてのヴォーカル・レッスンとライブ

01_02.jpg
先日、ヴォーカル・レッスンを受講しました。
もちろん初めて。
グループレッスン、会場は布施のホヌホヌさんです。

講師はelliさん!
そう、ウクレレ・ユニットのelli+katz+noryの紅一点のお方です。
もちろん、ソロでもご活躍されてて、昨年9月のソロ・ライブも素敵でした。

そして、レッスンは発見に次ぐ発見。
これまでの自己流が根底から崩壊しましたが、それさえも清々しく。
というのも、自己流なんざちっぽけなもの、
壊れてもいいのだという気持ちで行ったんですね。
だから、どこをとっても新鮮で興味深く、面白かったです。

言うなれば、自己流は基礎工事をしてないところに、見栄えのイイだけの家を建てようとしていたんだなと気づかされました。
今回は基礎工事の方法を教わった感じです。

だからまだまだ粗削りな歌い方になりますし、難しかった!
受講後に発表会もありました。
恥ずかしさをかなぐり捨て歌いましたよ。
もちろん出来はまだまだ。
思うように声が出ません。
ですが、自分のレベルが分かって良かったです。

その後はelliさんのライブで楽しみました。さっきまでの緊張はどこへやらです。
カヴァー曲をたくさんして下さったのですが、
古い洋画の「タミーと独身者」から「Tammy」を。
elliさんの包み込むような優しい声とウクレレの音色が相まってとても素敵でした。
スティーヴィー・ワンダーの「Superstition」そして、
ラスト・ソングの忌野清志郎さんがカヴァーされた「500マイル」が印象に残ってます。

elliさんの歌声に酔いしれて、
そして、たくさんの収穫をいただいた一日になったのでした。楽しかったです♪
posted by 小阪裕子 at 16:04| Comment(0) | ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: