2013年09月28日

『後夜祭』と贅沢なオープンマイク

ウクレレジャンボリーの翌日は『後夜祭』が
主催されたカニカピラさんで催されまして、こちらにも行って参りました。

これまたゲストのアーティストさん達が豪華でして、
勝 誠二さん、新納悠記さん、Hookさん、そしてJazzoomcafeさんも飛び入りされ、四人四様の勢い溢れるウクレレをたっぷり堪能してきました。
03_01.jpg

久しぶりに生で聴いて嬉しかった、勝さんの『君がいなくても』。
サビの勝さんのお声もたまらなくて、胸にグッときてしまいます。
次のアルバムに入るご予定のこれまたちょっぴり切ない曲もお耳に出来て、
嬉しかったです。
しかも、フレーズが耳に残ってて、なんかの拍子にはなうたで出てきて、びっくりしているここ数日です。

そしてHookさんはとても軽快、ガーシュインの『I Gat Rhythm』はもちろんのこと、テキサスのあばれ馬をイメージされた一曲『Rodeojack』という題名かと推察されるのですが、躍動感溢れて素敵でした。

Jazzoomcafeさんの『明治維新』は何度聴いてもドラマチィック。
タッピングにも目を奪われます。

新納悠記さんの『ビートルズ・メドレー』。
お初に耳にしたのですが、曲数たっぷりでワクワク。素晴らしかったです。
そして代表曲の『Ukuletude No.8』のキレも最高でした。

またまた凄かったのが勝さんが弾くピッコロギター!
観客の方が持ってこられていたギターだったのですが、
トダギターズさんの逸品でサイズが小さく、音色がシャリンシャリン。

とてもご興味もお持ちになられた勝さんがそのギターを使い、
4人で奏でる『バン・バン・バン』はこれまた最高でした。
グルーブ感たるやもの凄く、しかもリハなし、感動しました。

そして、オープンマイクもございまして、
4人のアーティストさんの前で演奏するという大緊張も体験してきたのでした。

1曲目はelli+katz+noryの『horiday』を。
なんと2コーラス目から、勝さんが客席からウクレレで入って下さり、ハモって下さって、この嬉しさたるや…。
最後は合わせて、アイコンタクトで息を合わしながらの曲終わりは夢のよう。
本当に贅沢なオープンマイクでした。

2曲目は新納悠記さんの『Walk with Uke』。
「ウクレレマガジンvol.09」に掲載されている楽曲です。
そして、人前での久しぶりのソロ演奏。
落ち着けー、落ち着けーと唱えながら弾き始めました。
出来はやはり、ミスタッチもあったし、ヨタッたり、、音も濁ちゃったり、
反省点はたくさんあったんですが、わずかながらですが達成感もありました。

なにより聴いていただけたことがとても嬉しくて。

友達が上手いことを言っていたのですが、
先生に聴いてもらう生徒、
「先生、こんな感じのところまで出来ましたー。」まさにそんな気持ち!
とてもいい経験をさせていただきました。
それにしても、
前日の勝さんのオーケストラといい、欲張った二日間だったなぁ。
とっても楽しかったです。
posted by 小阪裕子 at 18:07| Comment(2) | ライブ

2013年09月27日

ウクレレ・ジャンボリーに行ってきました!

ウクレレ・ジャンボリーに行ってきました。

今月二回目の三連休は晴天に恵まれ、
青いお空に気温も急上昇。
あぢーあぢーと言いながら『ウクレレ・ジャンボリー』をめいっぱい楽しんできました。

会場は堺・緑のミュージアム ハーベストの丘。
緩やかな傾斜の広場には緑の芝生が気持いい。
その下方にステージが設えてあり、
寝転がって観覧するのも良しの野外イベントです。

私が参加したのは、
勝さんの
『勝 誠二ウクレレオーケストラ』
<曲名>は
『急げ!サイダーポップ』

サイダー色をイメージできる水色のカーディガンを羽織って、
乗り込みました。

さて本番です。
入念なリハはしたものの、立ち位置は自由だったので、
いや〜ん、どうしよう〜と言いながら、
勝さんの斜め後ろポジションにいそいそと。おばちゃん根性スミマセン!

そして勝さんのカウントでスタート。
ワン・トゥー、スリー、フォー、
ドッカーン!
03_01.jpg

ドッカーンは全員の歌声のボリュームです。すんごい出てました。
私もおおいに声を出しましたヨ。
いつ声出すの? いまでしょ!です(苦笑)。
しかも後半の盛り上がりまでしっかりMax。
一体感もすごくて、達成感といいますか、楽しいことこの上なしでした。

見てくれた友達からも
めっちめちゃ楽しそうやったな〜と言ってもらい、
サイダーの弾ける「シュワ〜」の効果音も、
「どっから出てたん?」と訊かれたので、
コーラス隊がいたんやで〜とネタばらし、くふふ。

最後の出番だったので、それまでは
友達のステージに声援送ったり、合いの手を入れたり、楽しかったな。
後半は8組の豪華なゲストライブ。

Jazzoomcafeさんの華麗かつ軽快さが好きです。
そして牧浦秀成さんはフラダンサーと一緒に華やかでした。
MIKAさんにBIRTHの田路さんのウクレレに耳を澄まし、なおちゃんの可愛いパフォーマンス。
大きな会場で聴くさぁさちゃんの歌声は新鮮でした。

勝さん、IWAOさん、キヨシ小林さんの特別ユニット『U3』は最高。
まるでBarで談笑してるみたいな、大人なウクレレのやりとり。
マットな輝きを放つ『Over The Rainbow』でした。

とっぷりと陽が暮れ、金星が輝く頃、
IWAOさんの流れ星のパフォーマンス付き『星に願いを』。
流れた星は3つ。
4つ見えてしまった私は病院へ行かねばなりません(苦笑)。
キヨシ小林さんの『レレの青い空』は
ウクレレを始めて間もない頃の自分を思い出しました。
ソロを弾いてみたくも、どこから手をつけていいのか分からず、
この曲の入ったタブ譜付きのアルバムを見つけて、練習したっけ。
キヨシさんの歌声を聴きながら、歌詞も当時とダブって涙腺緩んでしまいました。
そして、トリは勝さん!
夜風に吹かれながらの『ジョニー&マーガレット』はここぞとばかりにコーラスしました。
『カノン』はしっとりとたくさんの「I love you 」が夜空にとけていきました。
最後はゲストの方全員と客席も参加しての
『スタンド・バイ・ミー』
朝から晩までウクレレ三昧、大堪能。とても楽しい一日でした。

また、来年も参加したいな。
次はソロも出てみようかな…。
posted by 小阪裕子 at 23:57| Comment(2) | ライブ

2013年09月20日

勝さんオーケストラ・ワークショップ & ライブ!!

アタフタと過ごしながらも、楽しいこともありつつ、
それに合わせるかのようにハプニングも続出でして、やっと書けるブログが嬉しいです。
さかのぼること、9月7日、
勝 誠二さんのワークショップとライブに行って参りました。

ナヌ? 7月も行ってなかったけ?
ノンノン、今回は9/21・22開催の『ウクレレ・ジャンボリー』企画、
『 勝 誠二 ウクレレオーケストラ 』に参加するべく、学んできたのです。

日程も全3回用意されていたのですが、
1回目は定員オーバーで締め切りの憂き目に涙。
2回目は所用でまた涙。
3度目の正直で、やっと受講叶いました。

オーケストラというくらいですから、参加者は大人数。
一回目を受講したSさんから、かなり詳しくレクチャーを受けていたものの、
初参加となると明らかに出遅れる…。
勝さんからの大事なアドバイスもニュアンスもメモった後、読んですべての記憶が蘇るかというと、
そんなことムリムリのオツム事情。
ならばと、これキッカケに ICレコーダーも購入しました(欲しかったんだ〜、ICレコーダー!)。
ということで、安心して受講したきたのでした。

大勢で歌って弾いて合わせては楽しいですね。
参加者全員真剣ですから、勝さんのアドバイスが入る毎に質が上がっていくのが分かりますし、
自分自身も必死のパッチで着いていきました。

と書くと、すごく硬いレッスンのようですが、実際はものすごく和やかで、というか賑やかで、
ワイワイガヤガヤ。
気負いなく質問も出来るし、他の参加者方からの質問から、
自分も分かってなかった!と気づかされることもあったり。
すごーく楽しい。
03_02.jpg
↑ひとり、ひとりにまわって教えて下さる。
出だしのイントロ高度バージョンに四苦八苦。

終盤は勝さん、そして全員で通しでオケって録音、
静かに拝聴。

さらにブラッシュアップをかけて、もう一度同様に。

そして、極秘の注意事項などを受けて2時間に及ぶワークショップは終了しました。
充実内容のワークショップ、その先に発表会という楽しみに続いているのがまた、
ワクワク継続出来てウシシと笑いがこみ上げます。

さぁ、日にちが迫ってきました。
焦る焦る焦ってます。 暗譜も歌も体に染み込ませ中です。

充実のワークショップの後は待望のライブ。

まずはオープニング・アクトのたらすな隊長!
この日は演奏そっちのけで、勝さんへのリスペクト溢れるお話がメインでした。
お宝をたぁ〜くさん見せていただきましたよ。

勝さんが”子供ばんど”のベーシストとして活動されていた頃の
LPやソロでのCDをたぁ〜くさん持って来られて、
丁寧に一作品ごとに解説。
興味深く聞きました。

その想いの深さに思わずジーンとしているうちに、
勝さん、ステージに入ってきちゃいました。
夏を惜しむように『ハッピー☆サマーデイ』からスタートです。

『パラピリプルペレポロペロパロリン』はワークショップ・バージョンで♪

今回はとくに、
『寿限無〜JU・GE・MU〜』が印象深く残ってます。
そして演奏の後半ついつい手元を見てしまう、
『進め! ロビンとプー』も一緒に口ずさみ、
そしてラストは『カノン』
01_03.jpg
客席の女性陣が一様に痺れるシーンです。

サウンド・ホールから拡散しながらもハーモニーとなる「I Love You」がとてもカッコいいのです。

しっとりとした中でライブは終了。
そしてアンコールはたらすな隊長と共に2曲。

”子供ばんど”の楽曲から『ゆかいなモーターサイクル』
02_02.jpg
なんと振りつきです、これは「Let's us」の「u」の字。
全員で振り付きで踊って、聴きました。
そして勝さんの1stソロアルバム『YO-YO-YO』から『悲しきサリー J』。
10代の頃から勝さんのステージを観て、夢叶って一緒に演奏されてる
たらすな隊長はとても幸せそうで、私もあったかい気持ちになりました。

一期一会をすごく感じたライブで感動。
そして、楽しかったです。

その後にオープンマイク・タイムがありまして、2曲弾きました。

今回もひとりelli+Katz+noryで『holiday』を、
ウクレレマガジンで勝さんが採譜されている『となりのトトロ』。

声の小ささを打破するべく、
恥ずかしいけど、
自分の歌に酔いしれてる人ぐらいになってやろう作戦決行。
帰宅後ICレコーダーと反省会。

盛り盛り盛りだくさんでとても楽しい1日でした。

そして心はジャンボリー、
サイダーで乾杯出来るようにガンバローっと!
posted by 小阪裕子 at 16:39| Comment(2) | ライブ

2013年09月03日

祝、一ヶ月 !

ウォーキングを始めて、昨日で一ヶ月。

過去に何度も挫折しましたが、今回は続きました。
うーむ、静かに嬉しいです。
基本毎日。
でも雨が降ったり、用事があったりした時はアッサリ休む。
無理はしない方針がよかったみたいです。

時間にして30分。
一度、万歩計で計ってみると歩数にして1600歩強でした。

ただ、動機がですね
「老化防止」なのです。ヌハハ。

ちょっとしたことでもあまりに疲れる。
そんな話を友達にしたところ「それは老化やで」とショーゲキ的な言葉が。

そして、友達が日常的にしているウォーキング。
いつも薦めてくれるんだけど、今回ばかりは説得力が大でした。
「老化まっしぐら」イヤですもん。
利いたなー。

でも張り切りすぎるとダメですね。
右の踵が痛くなり、かばうと股関節がイテテテ…。
どうやらすでに立派に筋力が衰えているようで、体と相談しながら
速度を調整して歩いてます。

始めた当初、陽が暮れてもまとわりつくように暑かった空気も
ずいぶん涼しくなって歩きやすくなりました。

ダラダラと汗をかいていた日がすこし懐かしい…、なんて勝手なものだ。

でも、確実に筋力の変化は感じているわけで、マイ・ペースで続けばいいなぁ。
さぁ、今日も雨が降らなければ行きましょう。
posted by 小阪裕子 at 12:12| Comment(2) | 日記

2013年09月02日

9月の「ぬりえ」と「ひみつのタンス」

お天気も不安定なこの頃、いかがお過ごしですか?

9月に入り、
読売ライフさんのホームページ、
ネコ太とチュウ太の
「ぬりえ」と「ひみつのタンス」も更新されました。

「ぬりえ」は
秋空のもと、楽しげに遊んでいるふたりです。
ススキといえば、ホーホーと鳴く猛禽類。
この組み合わせ、いつか題材にしたいとかねがね思っていたのですが、ついに念願叶いました。

お好きなお色目で塗るのも良し、ぜひ楽しんで下さいませ。
http://www.y-life.jp/nekota/


「ひみつのタンス」の今回のオシャレアイテムもぜひ覗いて下さいネ。
http://www.y-life.jp/nekota/himitsu_tan.html


ということで、今月はリアルに攻めてみました。
01_01.jpg
チュウ太を狙ってるのか!?
食べたらアカンで〜。
posted by 小阪裕子 at 16:07| Comment(0) | 仕事